自分の体験としては、劇的に節約できています。今までもスマホを安く使うことは工夫していたのですが、やはりMVNOの格安simを上手く使うのが、スマホの節約術としては一番いいと思います。

例 えば、大手キャリアへMNPのキャッシュバック付きの案件を探して、買い換えるのもいいのですが、よいキャッシュバックや割引の案件を探すのが大変です。 特に私のように地方に住んでいるとほとんど不可能です。そこで、手持ちのスマホを生かすことを重視して格安simの音声通話付きの契約へmnpしました。

もちろん元のスマホの契約は解約です。結果的に、月額1600円ほどで済むようになりました。音声通話はほぼ着信専用で、発信はIP電話を使っています。電話料金は、固定電話からの発信よりも安いのでまったく気になりませんし、案外無料通話で済む番号も多かったです。

デー タ通信は3GB上限ですが、できるだけ無線LANを使うようにしているので、実際には毎月あまって繰り越しています。人に寄るでしょうけど、出先で動画の 再生をしなければまったく問題ありません。自分の場合、通信量を節約するブラウザーを普段から使っているので、1GBでも待った問題なさそうです。

ただ問題になったのは、キャリアメールが使えないことです。これは節約の代償としてあきらめるしかないようです。電話番号のSMSは使えます。認証などに使うときがあるので結構助かっています。

ただ節約術としては、家の光通信などとのセット割がないのは残念です。ただし、私のところはまだ固定電話がADSLですので、実際には問題ないのですが。今後は中古の白ロムかsimフリースマホを買ってみたいと思いますが、節約術的には中古がお得かもしれませんね。